Loading…

流れ落ちる滝のような紅葉蔦

Posted by maximus1 on 03.2012 ヴァージニアクリパー   14 コメント   0 trackback
紅葉 030
裏庭に私達だけの蔦の紅葉♪この光景の中で暮らしております♪




ヴァージニア州から持ち込まれたアメリカ蔦ヴァージニアクリーパー

円盤状の吸着盤で90度以上の難所も這い上がります

来週にはもっと赤みが増して裏庭全体が燃えるような紅色の紅葉




紅葉 022
着物の柄のようでほんとに奇麗です




どんな困難な場所でも這い上がる!いいぞ~っ!這い上がれ~!

秋は普通センチになるのものですけど私は逆!元気を貰います

このヴージニアクリーパーのように生きて行きたいものです




London 021
久し振りのロンドン ピカデリーサーカス 


秋① 015
真っ直ぐ行くとトラファルガースクエァ ナショナルギャラリー、ネルソン提督の像


秋① 014
ロンドンらしいアイスクリームスタンド


秋① 016
お洒落なイタリアン 今度はここで食事しようかな





パスポートを更新していたので友人と待ち合わせてロンドンへ

そこ一時間くらいの間にこの数の盲導犬に遭遇

英国は盲導犬の普及率は日本のそれと比べものにならないほど





London 013
凄い人ごみの中を進む盲導犬 ビクトリアステーションにて




何故ラブラドールが盲導犬に適しているか

知能が高く従順で協調性がどの犬種より優れており

闘争本能や縄張り意識などあまりなく「皆仲良く」をモットーとした犬種




苺 013
ショッピングセンターで




見た目も優しく可愛いので犬嫌いの人やお年寄り、子供が怖がらない

毛や体の手入れが簡単で臭いもほとんどありませんから

優しい顔つきなので人に不安や恐怖心を与えない




バラ 008
最近はスタンダードプードルまで カフェにて



スタンダードプードルも登場してきました

この犬種もラブラドールとまったく同じ見た目も怖くないし毛が抜けない




秋① 084
マークス&スペンサーの入り口でも




www.kansai-guidedog.jp盲導犬の普及率比較

自分の飼い犬が一年後、いきなりの訓練生活を送るなんて

人の為になるから立派な行い?戦争に行くのはお国の為=立派

人間の事は人間が補う、盲導犬ならぬ盲動人を育てたら

人が人の目の変わりになってやれば盲導犬は不足してるんですから

盲導犬は昔のドイツの戦傷兵の為に作られた制度

科学がこんだけ進んだ現在ならもっと良い方法があるはず

盲導ロボットを作れば良いと思いますけど・・・

真剣に盲導人のアイデアは今の時代になり手は多いと思います

四っ足で生活自体がまったく違う犬を無理矢理!訓練するより簡単




IMG_1213.jpg
ラストチャンスアニマルレスキューのチャリティショップ


We operate a no destruction policy
(私達は何があっても保護した動物を殺さない)

ラストチャンスアニマルレスキューのポリシーです

愛犬のゲストハウスの収益金がまとまった金額になりました

友人と一緒に小切手で寄付して来ました

清々しい気持ち、嬉しい帰り道 元気を貰いました




IMG_1217.jpg
ショップの前で寄付で持ち込まれた物を売っています




家庭の不用品を寄付します 家の中は片付いてスッキリ

売り上げはすべて恵まれない犬達のために活用されます

因みに写真のピクニックハンパー5ポンド(約550円)

掘り出し物もたくさん有りすべてが格安!チャリティショップ最高





IMG_1225.jpg
猫背で二重顎(笑)必死にチャリティの事を話してる私



自分に出来ることを確実にしています

人間のおろかな考えで確かにたくさんの動物達が被害に合ってます

非難や論議は何の役にも立ちません、起こってしまったことですから

身の回りの不要な物を近くの動物保護センターに寄付してください

親子チャリティコンサートを開いて収益金を恵まれない犬達のために

他にも色んなチャリティがあちこちで花咲いたら・・・






空 049
マキシマス この犬が私の生き方を180度変えました(鼻に毛が一本ついてるよ~)



ラブラドール種 言葉では言い尽くせない犬種

他に類を見ない素晴らしさ子犬の頃は躾で大変ですけど

遣り甲斐がある犬種 必ず貴方に還ってきます

体力の続く限りマキシーとチャリティ活動続けます

それは牽いては自分達の為 させて貰ってると思っています

それぞれが♪それぞれに♪あの街やこの町で・・・

犬達が豊かに暮らせる世の中はすでに人にも良い筈ですから




http://mi0101.blog111.fc2.com/blog-entry-388.html

これを制作されたbabatyamaさんの根気と熱意に敬意を表します



            天使にしっぽ


                      Mrs H McEIL
スポンサーサイト

日本ではまだまだ盲導犬(他、補助犬など)の普及率が低いですね。
しかも、そういった犬達に対する認識の低さも気になります。
ホテルやレストランなど本来なら普通に入れなくてはいけない場所が
立ち入りを拒否したり(今はそういうところは少なくなっているとは思いますが)
まだそんな所があるのか?と驚きます。

確かに盲導犬は犬でなく人でもまたはロボットでも良いのかもしれませんね。
実際、日本国内で盲導犬に代わる盲動ロボットなるものを開発している会社があるそうです。
ロボットなら生き物を扱うのではないので良い面も多いかと思います。
ただ、犬である事の良さもありますよね。
犬と一緒に生活をしていて本当に「良かった!」と思える事が沢山あります。
心の安らぎ、癒したくさん貰えます。
本当に大切な家族の一員です。

自分に出来る事、私も小さなことから少しずつでもして行きたいと思います。
マキシー、可愛い〜〜〜〜♡
2012.10.03 11:35 | URL | あっぷる5 #- [edit]
このテンプレート・・・素敵ですね! トップのお写真がいろいろ見られて
飽きる事がありませんね~♪

盲導犬、実は私が高校1年の時通学バスに
いつも乗って来る方が連れていました。
「ナウアップ!」のコマンドで立ち上がる、「ダウン??(忘れた)」で座る。
世の中に働く犬がいるのだと・・知った瞬間でした。
yellowラブの穏やかな表情、黙って伏せるその姿に風格すら感じました。
【ラブラドール】って、こんな犬なんだ! 勘違いをした瞬間でもありました(笑)
訓練センターでの厳しい特訓があってこその仕事ぶり・・・
パピーウォーカーさんの愛情あふれるパピー時代の子育てがあってこその優しさ・・
ジュンコと暮らすまであまり知らなかった事でした。

ラブラドールという犬種は、ものすごい運動量も必要だけど
そうして付き合えば付き合うほどに、引き込まれて
気が付けばすっかり虜になってしまう、、、、あの
「大好き!」の笑顔がいつもいつも大きく包み込んでくれて
私達 人を幸せにしてくれる♪

ロンドンの素敵な風景の中に博子さんの力強く生きる場所があって・・
思わずニンマリしてしまった私です!

マキシーどアップ 真面目なお顔(^O^)/ 
私も ジュンコとできる事を続けて行きますよ~
この町で(*^^)v 


2012.10.03 20:21 | URL | ジュンコママ #GCA3nAmE [edit]
> > あっぷる5さん
> >
> > 盲導犬や動物愛護を話題にすると重すぎて敬遠されてしまいます
> > あえて今回は盲導犬を取り上げました
> > 日本で出版されてる本を読みました クイールの可哀そうだったこと
> > 目が不自由な人はほんとに気の毒だとは思いますが・・・
> > その為に犬達が辛い訓練を受けストレスの為に短命になり可哀そうでたまりません
> > だから 人の事は 人で補う ロボットを開発する
> >
> > 犬達は人に添って人の約束に従って飼い犬として幸せに暮らす 
> > マキシーやモモみたいに 人に寄り添って すべての犬達が過ごせる日が来ますように
> > チャリティの花が世界中に咲きますように・・・
> > その種が地に落ちて また咲いて すべての動物達が幸せに暮らせますように
2012.10.04 05:56 | URL | maximus1 #- [edit]
マキシーのブログ♪リニューアル♪私もうれしいで~す♪

6月からこんな感じにしたくて仕方なく前の共同テンプレートで我慢してたんですよ
救いの神が現れて!私が欲しかったブログに仕上げてくれました
ハンサムな日本人男性 オランダ在住 願えば叶う、良い気分でブログできます

ラブを子犬から飼った人は解ると思います一年後に家族と思って暮らしていた人達と
もう二度と逢えなくなるなんて・・・そんな残酷な・・・
そしていきなりの訓練生活、檻の中で寝て訓練 夜もコンクリートの床で寝て
一生に内に何度もマスターが変わりストレスで短命に・・・

人間中心の考え方 人の役に立つ犬ラブラドール 
止めてよ!ラブってそんな立派な犬じゃない 甘えん坊でストーカーで・・
隙あらばビスケットをゲットすることに燃えてる犬 茶目っ気100パーセント犬
それをあそこまで訓練して ラブは失望の中で生きる為・・訓練に耐えて・・・

自転車OK! 人力車ok!そして盲導人ok!
盲導犬が足りないなら 人が人の目の変わりになってあげたらどうでしょう
人の事は人が補う 動物を観光の為とかに利用しない象や馬も可哀そう

素晴らしい頭脳を持ってる人類 今こそ!その頭脳を生かして犬を利用しないで
何か開発して頂きたい 動物のことはそっと見守り暖かく保護してやって・・

世界中のインテリゼェントな人間達が大きな気持ちでチャリティに励んだら
動物達も穏やかに幸せに暮らせる日がきっと・・・

   分かち合えば足りる・・・それぞれがそれぞれに・・・♪
2012.10.04 06:34 | URL | maximus1 #T1B12GPw [edit]
ひろちゃん!

ついこの間行った時は夏日で暑すぎるぐらいの好天気だったと
思ったけど、あっという間に緑の葉が紅葉し、
そしてそろそろ冬支度の気配になって来ましたね!
アムスも同じで、急速に日が短くなってきました。

マキシには、いつまでも元気でいて欲しいけど、
それでも、いつか来る最後の日までマキシ〜が
幸せで居られるように!マキシ〜を通して、他のわんちゃんや
ねこちゃん、阻害されたあらゆるペット達が救われるようにと!
チャリティ寄付すばらしいね!
いつまでも、続けてください。
いつか私も参加できるようにがんばるね。
2012.10.04 07:20 | URL | あむすのかとうきよこ #.Akqa5Vg [edit]
ヒロちゃん 頑張ってますね。

 週一のペースでの更新は大変やと思うんですが、やすやすと更新して、しかも、情報満載、脱帽です。

 一番上の細長い写真ですが、マキシーが一人で写ってるところは、この間、バーベキューをされたところで、その続きが蔦の紅葉してるところですか? 広々しててよろしいなぁ・・・・・
 それにしても、前回に比べるといっぺんに秋ですね。ちょうどええ頃かと・・

 ピカデリーサーカス、トラファルガー広場、ネルソン提督、懐かしいですね。初めてのロンドンの帰りにヒースロー空港でお会いしてから、まる3年になります。
 
 あの時はお世話になりました。
 ハロッズのクマさんは今も元気?ですよ。
 季節のええ時期にもう一度ロンドンを訪ねたいと思っています。
 その節は、よろしく。

     せっちゃん & きみちゃんで~す。
 
 
 

 

 
2012.10.04 19:31 | URL | せっちゃん で~す #- [edit]
博子さん、こんばんは

なんだか私のコメント…場違いの様になっちゃうかもしれないのだけれど、私の住んでいる日本では盲導犬ユーザーによる盲導犬の虐待、また、盲導犬の訓練士による盲導犬候補犬への虐待が相次いでいます。
また水面下にあって一般の人達は知る事もない様な虐待もたくさんあります。今始まった事ではなく…。
なので、数年前までしていた盲導犬育成事業への寄付も私は一切やめる事にしました。
今の私は盲導犬を作る事自体が虐待の様に思えてなりません。人間同士がもっと穏やかに優しくなれたら、人間がお手伝いすれば良い事だし、もしイヌが好きな目の不自由な方がいらっしゃるなら、家族の理解を得てイヌと一緒に暮らしたりすればいいんじゃないか?って思います。
多額の費用をかけて作り出す盲導犬をなんで虐待なんてする事を盲導犬協会は見て見ぬ振りをして2頭目、3頭目と虐待するかもしれない人の所にイヌを出すのか本当に疑問です。

盲導犬を貸し出せば協会にお金が入るから…、またそれらのお金で給料をもらっている人達が居るから日本の盲導犬育成事業がいくら腐った様な状態であっても続いていくのかなぁって思ってます。なんだか暗い話しをしちゃってごめんなさい。 もし、コメントとして良くなかったら削除して下さって構いません。
2012.10.04 23:33 | URL | Yoko #l/VZmCVM [edit]
アムスのきよちゃん

もうすぐにクリスマスだよ
もう早速カードの準備しましたよ

きよちゃんもここに次に遊びに来たら
また寄付しに行くので付き合ってね
そして そこできよちゃんなりのチャリティでお買い物して・・・
あ~そうだ あそこでクリスマスプレゼント買ったらどうでしょう・・・
寄付したのと同じになるからね
気分も良いしね、動物達のためにもなるしね

またあそこで買い物しましょう♪また楽しくなってきた・・・
相川さんにありがとうと伝えてください
2012.10.05 00:48 | URL | maximus1 #XH7b7Abc [edit]
せっちゃん&きみちゃん

毎日ブログ更新している友人が居ます。
それに比べたら 私は週一で まあ~それが自分にとって良いペースだから
あらから3年ですか~ 4年目かと思ってました~

2人共平和で幸せそうですね~ 2人の回りは余計な煩わしいことも無く
穏やかに時が流れているのですね
世間の余計な心配ごとに 余計な口出しは 性格上しないですよね
それが良いと思います したとろこで何も変わらないからね

私ももうせっせと寄付するしかないからね
愚かな人間のすることは止められない、悲しいことだけど

いつの日か・・・またイギリスの旅 ガイド任せとき!
2012.10.05 00:57 | URL | maximus1 #XH7b7Abc [edit]
> YOKOさん
>
> 愕然としています、盲導犬を迎えた人がその盲導犬を虐待する
> 訓練士が犬を虐待する 考えられません
> もう腹が立って・・・ちょっとそいつら許せない!
>
> 犬達が口が訊けないのをいいことに 何をしてくれるんですか
>
> 私はすでに前から思っていました、盲導犬がどんなに辛い時間の中に身を置いてるか
> マキシーを飼い始めてから切実に感じていました
> 街でユーザーと一緒に行動を共にしている盲導犬を見て、心からすまないと詫びてます
> どのこもマキシーと同じ顔して自宅でマキシーはのんびりしてるのに同じラブなのに
>
> もっと酷いのは戦場で働かされる犬達 なんて人間は傲慢な生き物なのか
> 自分が人間なのが時々嫌になります 胸掻き毟る思いです
> それに対して何も出来ない自分も情けない限りです
> 幸いなことにイギリスは日本のような兵隊養成所みたいではなく国を上げて
> 盲導犬を保護し早めのリタイア 一人のオーナー 待遇されてはいます
>
> でも私はもう人の事は人が助け合い補いあえば問題は解決しますし
> 犬も飼い犬としてだけ存在が可能になりますから
> 捨てられた犬達はもっと哀れな状態ですがなんとかリーホームを目指しています 
> でもすべての条件、環境は日本とは比較にならない待遇されたものです
> 仕方がないので私はまたコツコツと寄付に励む事に致します
> 日本の犬状況 なんだか辛く悲しいことがたくさんありそうですね
>
>  
2012.10.05 07:33 | URL | maximus1 #- [edit]
盲導犬の制度の始まりは
そういうことだったのですね。
教えてくださってありがとうございます。

素晴らしい蔦の紅葉。
深まりゆく秋、ますます鮮やかな装いを
見せてくれるのでしょうね。
2012.10.05 21:28 | URL | イヴまま♡ #- [edit]
イヴままさん

イヴままさんのブログでバルデルを知りそこから別のブログへ飛んで
結局私もアップしました、ちょうど私が考えていたこととあまりのタイミングの良さ

その方も私のブログに前から履歴に残ってる方で
とうとうコメントしてしまいました、こういうふうに繋がったいくリンク
何の助けにもならないかも知れないけど 発信し続けることが大切

私の裏庭の紅葉が益々赤度が増して来て ほんとにうつくしい毎日を送っております
そろそろ林檎が・・・すでにアップルパイ焼きました
2012.10.06 06:55 | URL | maximus1 #XH7b7Abc [edit]
始めまして、Youのつぶやきさんのところのコメントをにて
飛んでまいりました
バルデルの動画をアップして頂きありがとうございました
盲導犬にラブラドールが多いのは何故か
そういうことだったんですね!
とてもよく分かりました
ありがとうございました♪
2012.10.07 06:13 | URL | babatyama #ciZ.EuIc [edit]
babatyamaさん

初めまして・・・飛んで来られて嬉しいです(笑)
これからもお互いに動物達の為に良かれと思う記事はどんどんアップして行きましょう

ラブは警察の訓練所でもジャーマンシェパードや日本犬、ロットワイラーと共に
攻撃の訓練も受けるのですが使い物にならずポリスの「かかれ!嚙め!」の命令に
従えません、どうしても噛めないのです!どうしてもかかれません!
だから麻薬捜査犬や盲導犬になって・・人に添って生存する優しい犬種

babatyamaさんのブログ、これから飛んで見に行きますね、宜しくお願いします
2012.10.07 06:46 | URL | maximus1 #XH7b7Abc [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tenshinishippo.blog6.fc2.com/tb.php/69-fbad6117

プロフィール

maximus1

Author:maximus1
2001年2月1日生まれ
愛しのマキシマス 13歳9ヵ月
2014年10月30日天に召される
今もマキシーは私達の真ん中に居ます

2015年7月30日生まれのジャズ
2015年9月27日から家族に迎え
また始まったラブラドールとの暮らし
マキシーとジャズ&私と英国人旦那
愛犬と歩けば・・幸せに当たる🐾
気の向くままに綴ります

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

全記事表示リンク