Loading…

初めての月命日

Posted by maximus1 on 30.2014 KENTでの暮らし   50 コメント   0 trackback
空 045

マキシーへ

もう30日も経ってしまったね・・ そしてまだたったの30日
マキシーの姿が亡くなって・・生きて行く意味がないとか思ったり
どうやって明日から生きて行けばいいのだろうとか
翌日からの辛く悲しい日々が始まり
今思うとよく乗り越えたと思う・・ 

料理もしたくなかった 特に肉料理をしたくなくて
マキシーがまったく興味を示さなかった日本食、納豆とかお寿司を食べてた
サラダも毎日のように食べてたけど体重に変化はまったくないよ
これにはガッカリしたけどね・・

時間の薬は良く効くね マキシーどうしてる・・ 

マキシーのこと話す時 この頃は過去形で話してるよ
「だったよね~」とか「してたね~」 これがまた悲しい~

なんとか生きてる もう前みたいにしょっちゅう泣いてないけど
マキシーの形見を見つけた時は 泣きのスイッチがオンになり大泣き

昨日はマキシー没後初めてピザを焼いたよ
あの固い端っこを必死な形相でヨダレを垂らしながら待ってたよね
端っこを残して食べるのが癖になってしまってたんだね
つい・・いつものように ホイってあげようと横を見て そうなんだって・・
これがまた泣けるんだー もういないって確認して 辛いっ・・




花一輪 188

でもね・・ 姿はないけど こんな風にいつも一緒に歩いてるって思ってる
何処かへ出かける時ね 横を見たら 私にはマキシーが見えるよ

上を見上げて歩いてて・・ 時々私の足を踏んだりしてたよね 
もう一度 また踏んでよ
     私の靴先に前みたいに足跡🐾つけてくれ~🐾

マキシーの大好きなフリスティさんの勧めでボランティア活動するよ
老犬のお世話することにした 時々だけどね






それで面接というか・・顔合わせしたよ
CIMG2461.jpg

Angelaさん(アンジェラ)我が家に来て頂いて 私の暮らしや人となりを見て
私もアンジェラさんのお話しを伺って・・ 気が合わないとお互いに困るので
アンジェラさんも自宅に見ず知らずの人を受け入れるのだから・・

会った途端に 意気投合 この方だったら マキシーもOKよね 

お花はマキシーへのプレゼント🌹 
マキシーの一回しか使ってない関節の炎症と痛み止めの薬
2頭の黒ラブさん達も使用してるそうなのであげたよマキシー
良かったね~高い薬もこれで無駄にしなくて済んだしね
なんだか・・得した気分やね~

12月に入ったら病院へ行くらしいので・・
アンジェラさん宅へ出向いて ご主人とアンジェラさんが病院から戻るまで 
黒ラブ君2頭とお留守番 今から楽しみ🐕🐕
アンジェラさんが出かけたら・・川の字で寝てみようかな
あっ・・マキシーも一緒だから川の字は難しいか~🐕🐕🐕





Xマスリース 031

          これからもまたいつも一緒・・

      マキシー触りたいよ! マキシーのベロベロ攻撃・・受けたいなぁ~🐕

       それにしても・・ マキシー!がしっかり!抱きしめたいよ!!!🐕

私はまだまだ重症の淋しい病気持ち  引き続き時間の薬 服用いたします
皆様には大変心配かけてしまい申し訳ございませんでした
少しづつではありますが・・時間を前に進めます



                 天使にしっぽ


                       MrMAXIMUS





スポンサーサイト

🐾嬉しいお誘い🐾

Posted by maximus1 on 25.2014 KENTでの暮らし   38 コメント   0 trackback
coco 015

  マキシーの一番小さなお友達COCO
    COCOママさんからマキシーのことで そちらに伺いたいって・・

いえいえ・・ ここはマキシー逝った時のまま 時間が止まっており
   人様を迎える状態ではありませんので・・

それではっ こちらがそちらに伺います 気晴らしになるかも・・・

14年近くロンドンへ行ってはだいたい3~4時間 急いで用を済ませ
マキシーが待ってる我が家めがけて!とんぼ返り
すでに前庭で帰りを待ってるマキシー あの目・・ブンブン振り回すシッポ
・・・もう・・二度と・・ 泣けてくる・・




でっ!姿なきマキシーとロンドンへ
CIMG2371.jpg
マーブルアーチ駅から歩いて5分 フランス人経営の魚屋さん

駅でCOCOママさんと待ち合わせ こちらのお店へ
これまた清潔でお洒落な魚屋さん この店の存在さえも知らなかったよ~

14年に渡るマキシーとの暮らし 
ジュビリーパークを始め森や牧場、山や川
自然との暮しにすっかり!馴染んで暮らしてたから
着ている服や靴もアウトドア用ばかり それもすべて犬臭い服ばかり
お洒落な場所に着ていく服がないことに気が付いた・・

そして大人のシックな装いには黒が似合う 体型もごまかせるし
また気が付いた マキシーの毛が付いても目立たないように・・
14年の間に 服の色すべてがオフホワイトかパルテルカラー系 
とにかく毛が目立たない服色ばかり 黒系の服が一枚もないのです

マキシーが子犬の頃 友達の彼が黒の皮のロングコート着て遊びに来て
彼自身も大きなイギリス人 子犬のマキシーへ「ハロ~マキシー」
マキシー後ずさりして真剣に怖がってて あれ見てからですよ
私達・・自然に・・着る服が柔らかいマキシーカラーばかりになって行ったのです

COCOママさんが前もってオーダーしてたお刺身を受け取りCOCOママ宅へ




あらっ・・まぁ・・世に言うペントハウスですよ
CIMG2375.jpg
建物の前はリーゼントパーク 向かって左端の一番上がCOCO宅



CIMG2398.jpg
いつもはテーブルの上には乗せませんよ~(写真を撮るために)

私とマキシーの為に・・ こんなに「優しいおもてなし」
マキシーの話しに泣いたり笑ったり マキシーが繋いでくれたお友達


CIMG2400.jpg
なにが・・嬉しかったかって この茶碗蒸し 

旦那がイギリス人だということもあるけど・・ 
14年間は一度も自分では作ったことなんてなかった
オーブン料理はマキシーとグラントが喜ぶのでせっせと作り相当の腕前に
しかし・・ 蒸す料理なんて・・ 茶碗蒸し 作ってもマキシー喜ばなかったね
私の大好物「茶碗蒸し」 細切り柚子も乗っていて美味しかったで~す
淋しい心に効きました




CIMG2407.jpg
窓から一望できるリーゼントパーク これはほんとに素晴らしい景色でした

朝起きて・・この風景を見ながらの暮らし 人それぞれの暮らしぶり
COCOママさん自身もこの暮しを望んだわけではなく
成り行きでここに住むようになったそうで・・ほんとに優雅な暮らしぶり
また遊びに来させてもらおうっと・・ 時々のここの時間は女心に効きまする

お招きいただいて この空間に身を置きながら・・決めました
老犬のためのボランティア活動に参加する
遊びに来て良かった~ また一つ気づかされました

14年間にも渡る大型犬マキシーとの暮らしが私を完全に変えてしまった
地に足つけて生きて行く!残った私の時間をまた犬たちと一緒に🐕
お洒落な服も暮らしもなんだか・・いつも間にか・・尻が落ち着かない

さっ!帰ろうねマキシー グラントが帰って来る時間だよ

COCOママさんとCOCOへ
ほんとに・・ほんとに・・ありがとう
気持ちまで豊かになりました 次回はマキシー宅に来てください
止まったままの時間を 少しづつではありますが・・ 前に進めます



これがマキシーとCOCOの最後のヘソ天ネンネになりました2014年5月
CIMG6344.jpg

大きなマキシー天使と小さなCOCO天使 
こんな幸せな時間の中に身を置いてたあの日 
心から・・ あの日に帰りたい・・LOVE



CIMG2437.jpg

こんな時間にロンドンに居るなんて・・
待ってるマキシーもいないのに 気が焦る もう癖になってしまってるんだ
夕方6時過ぎてから帰宅するなんて・・ あり得ない事だったから

早く帰ろっ!夕飯も作らないといけないし もうグラントは帰宅してるかも
グラントって平日に誰もいない家に帰るなんて一度もなかったから可哀想~
仕事が終わり帰宅して ドアは常に少し開けてあって 鍵を使ったことがなく
キッチンからは美味しい夕飯の匂いがして マキシーが満面の笑顔で出迎えて
思い知るなぁ~ 私とマキシーの居ない家のドアを開けるなんて・・

ビクトリア駅から・・運良く!6時の電車に飛び乗った!30分で到着だ
これなら・・グラントより何とか先に家に着くぞ🐕




また・・やってくれました マキシーマジック🐕
花一輪 031

30分でマキシー宅のもよりの駅に到着
急いで!階段を駆け上り!呼吸を整えながら・・ ふと見ると・・
そこに・・「あれ~っ・・グラちゃ~ん どうしたと~」

グラントが駅の改札で定期券を購入しようと立ってた
今日買うつもりはなかったけど 誰も並んでなかったからって・・

そして⁉ 同じ電車に乗っていたんですよ 
仕事が少し早く終わったらしく そうじゃなかったらこの電車には乗ってない
一番前の車両に乗っていたそうです
定期券を買うために並んでなかったら 男の足 当然出会ってなかった

またまた偶然のなせる業 
3人で家路を急ぎます・・ 今日あったことを色々話しながら
誰もいない家のドア でも大丈夫 3人一緒に帰宅ですから・・

悲しい日から・・ もう25日も経ってしまった
まだ・・25日 でもゆっくりですけど行動します

老犬を短時間ですけどお世話することにしました
老犬のお宅へ伺って 老犬の世話をしながらお留守番
お世話してる間に 飼い主さんは病院へ 
旅行や娯楽では私達の老犬介護サービスは受けられません

すでに顔合わせは終わりましたので・・
次回はお宅に伺って・・Step by Step

私とマキシー🐕 
マキシーはほんとに豊かで幸せな生涯でしたから
老犬達へ恩返し 遣り甲斐や生き甲斐にして行きます・・
ボク達のために悲しい思いをさせてしまって・・ごめんね
これからもひろちゃんと一緒に・・
                       マキシーより


里の家族へ
こんな感じで暮らしてるから
誰でも最愛の人や動物達を失くしてなんとか生きて行ってるからね
私達だけがこんなんじゃないから
老犬達のために働くことにした
これでだいぶ救われると思う
クリスマスは何にもしないから何も送ってこんでね
来年になったら気も晴れると思うよ
英語の勉強するように二人の女の子に伝えてね
変な外人のおじさんがそっちに行くからね
だから・・もう・・あんまり心配せんでね~LOVE
                   

                    天使にしっぽ

                         MrMAXIMUS

🐾おかえり~マキシマス🐾

Posted by maximus1 on 19.2014 KENTでの暮らし   54 コメント   0 trackback
CIMG2342.jpg
  
  2000年2月1日生まれ~2014年10月30日永眠

       Mr MAXIMUS McNEIL 享年13歳9か月

The Surry Pet Cemetery&Crematorium
 静かなコテージで火葬並びお葬式を致しました

遺骨は霊安室で祈りの儀式と共に3日間保管されます
その後・・動物病院へ

病院から電話で「マキシマスが戻ってます これからそちらに向かいますが・・」
自宅から歩いて20分以内の所にある病院 急に思い立って・・
「これから私が歩いて迎えに行きますから、宜しくお願い致します」

その日は朝からかなりの雨が降っていて・・
遺骨を迎えに行くのに相応しい 晴天だと隠れてしまいたい

雨の中・・いつもの病院への道を・・速く!速く!歩いて・・
一秒でも速く!マキシーの遺骨をこの腕に抱きたくて・・
 降りしきる雨の中・・ 久々に逸る気持ち・・🐾🐾🐾




信じられないこんな日に・・ジャスパーが・・🐾
CIMG2124.jpg
むこう~に見えるゴールデンレトリバーのジャスパー

ジャスパーとジャネット すでに逢わなくなってから5年以上になる
この犬と人をパークで見かけたら マキシー連れて急いで違う方向へ

向かって左端に立ってるジャネット(ジャスパーの飼い主)
このジャスパーはバタシーキャト&ドッグレスキューセンターから
ジャネットが養子縁組した保護犬 2歳くらいで家族の仲間入り
私達の自宅からも歩いて5分の距離に住んでいます

11年間に及ぶマキシーと私の散歩生活
その中で忘れがたく・・ 許せない・・ 一番嫌な・・ 悲しい思い出

マキシーが3歳くらいの頃 いつものように散歩の為にジュビリーへ
そこに若いゴールデンを連れたジャネットが歩いていた
若い犬はジャスパーという名前で・・色々な経緯を聞かされて
こんなに可愛いゴールデンを捨てる人間がいるなんて・・とか思った
今から幸せになるんだよ 大きな家だしお金持ちだから良かったねなんて・・

そこでジャネットがジャスパーのリードを外した途端!!!

近くでのんびりサラダバーを楽しんでたマキシーに飛びかかり!
喉をめがけて喰いついて マキシーも私も何が起こったのかパニックで
もの凄い唸り声を上げながら激しく攻撃を繰り返すジャスパー

必死で2頭の間に割って入り 私もジャスパーに噛まれて血だらけで・・
ジャネットは何もできずに立っていて・・慌てて我に返り急いでリードを付けて

見るとマキシーは精神的に参ってしまってて・・一体なにが起こったのか・・
全身を震わせて怯えきってしまい 私も怒りと恐怖でブルブル状態
血の臭いが辺りに充満し リードを付けられてるのにまだ攻撃しようとしてる犬
ジャネットも混乱し そのまま帰えって行った 謝ることもせずに・・

それから事ある毎に ジャスパーはマキシーを見ると・・
どんな遠くにいてもやって来て 体制を低くしてマキシーを狙うのです
ある日は・・茂みに潜んでいて飛びかかられて 重症を負ってしまった

ジャネットは相変わらず横着な態度 常にイライラしているイギリス女
旦那は病院通い 息子は反抗期でドラッグはまりDJになりたいそうで
でもこんなの理由にならない なんてこの国の人間は・・と、悲しくなり

でもここまでなるには 何か原因がある 犬は理由なしの行動はしないから
こんな犬にしたのは人間 絶対にレスキューセンターに居る間になにかあった
ここまで理解してても やはり我が愛犬を執拗に攻撃しにくる犬は許せない

仕方ないので この災いカップルを避けるようにした
それでも時々は逢ったりしてたけどジャネットが少し穏やかに変化してて
黙ってリードをつけるようになっていた
2012年の9月にマキシーが癌の術後は歩いてJPには行かなくなり
ジャスパー達のことなんて・・すっかり!忘れて暮らしてた

そして・・ この日・・ 公園で誰にも逢いませんようにってフードまで被って
雨の中 急いでマキシー迎えに病院へ・・ 
なんで・・こんな時に こんな日に 逢うかなぁ~って思っていたら



もう・・逢ってしまった 逃げられない 一番逢いたくない犬と人 CIMG2113.jpg

仕方なくマキシーの事を話して 今から遺骨を引き取りに行く事も教えて

ジャスパーを撫でながら・・
「マキシーが死んだよ なんでオマエあんなにマキシーを攻撃したんだ」
「私とマキシーがどんだけ辛く悲しい思いをしたことか・・」
ぼろぼろ涙が溢れ その涙がジャスパーの鼻や顔にぼとぼと落ちて・・

そしたらジャスパー 私の両足に顔を埋め込むように頭を下げて
上から落ちて来る涙・・ ジャスパーはまるで私を待っていたような・・
そして・・ ごめんなさい ごめんなさいって謝っているのです
私には解りましたよ 心の底から謝ってた・・

ジャネットも泣きながら ほんとは今日ここに来る予定はなかった
いつものようにジュビリーパークに行こうとしてたら
ジャスパーが車に乗るのを嫌がって・・ 歩いて来れるここにしたって

空中に誰かが居るみたいに・・ジャスパーは空中を見上げ身動きもせず
何か話しをしてるようでした その後またゆっくり頭を下げて・・
頭を私の両足に摺り寄せて 体重をかけて寄り添うのです
雨はどしゃ降りとなり 
その雨の中 気持ちが洗われ 嫌が思いが流れて行きました

そこにフリスティもやって来てJPに今日は行くはずだったけど・・
雨が降ってきたから ここに来たって
最低でも3年は逢ってなかったのに・・

マキシーが大好きなフリスティ 元気な頃 毎日一緒に歩いた人
犬のボランティア活動を自分の生き甲斐にしてる素晴らしい女性
マキシーの死を教え マキシーをたくさん褒めてくれ、いつも傍にいるからって
誘われるままに・・ もう少し気持ちが落ち着いたら・・
フリスティと一緒に犬達の為に活動を開始致します

3人で・・これって・・絶対にマキシーがアレンジしたよねって笑って・・
犬達がするみたいに 私達も空中に居るであろうマキシーへ「解ったよ」
ジャスパーとジャネットにバイバイして フリスティにも・・
さぁー急ぎます🐾🐾




CIMG2141.jpg
お洒落なバックに入ってた遺骨を取り出して・・

病院を出ると・・ 雨は上がって 青空も顔を出して・・
両腕で抱えコートで少し隠しながら また同じ道を帰ります 
マキシーと歩いた道とパーク こんな小さな箱に収まってしまって・・ 




CIMG2129.jpg

この芝生の上でのんびり寛いで風を読んでたマキシマス
   良い時間が流れてたよね~ マキシー




coco 020
 
      ありがとうね~ マキシマス・・ 




CIMG2349.jpg

   いつも一緒に歩いた馴染の道を・・ゆっくり辿って・・
 
   やっと着いたね ただいま~!!! ボリジの花がお出迎え






CIMG2220.jpg

    息を引き取り・・ 儀式を終えて・・ ここに戻るまで・・淋しかったよ

            さぁ~マキシーのんびりするよ~
 
          スカスカの家が暖かい空気で埋まる感じ




CIMG2352.jpg

マキシーへ
ジャネットから何枚かのなが~い手紙とカードが届いたよ
昔はほんとに無礼を働いて 心から反省してるって・・
当時は自分も更年期や家族の問題でどうにかなりそうだったらしい

そんな時に息子の為にと思い バタシーからジャスパーを迎えて
息子に犬の面倒をみる事で まともな考え方が出来るように
計画は失敗に終わり でも今はその息子も無事に就職し
旦那の病気も回復し職場に復帰して あの時はほんとにSorryだって

ジャスパーは保護された施設の中で イエローラブに虐められてたんじゃない
それで最初に行ったJPでマキシー見て蘇り 攻撃した
捨てられたりしたから性格もグレてしまい・・あんな事を繰り返してたと思う
もう・・許してるけど すっかり忘れてしまおうね・・マキシー
することも出来たしね・・ボランティア活動だって・・(笑)

あの雨の中で起きたこと 一生忘れない・・
これって・・ ぜ~んぶマキシー仕組んだろう(笑)
優しいね~マーさんは・・ ありがとう 凄いね・・オマエって・・ 




それにしても・・
CIMG5708.jpg

       マーしゃんに逢いたい・・ 

                死ぬほど逢いたい・・






iいつも優しい励ましのコメントありがとう 
ほんとに嬉しく読んでおります
時間の薬・・まだまだ長期服用が必要ですが・・副作用ナシで安心ですから
来年の春が来たらなんて言ってますが・・
無理!無理!マキシーの居ない初めての春・・
どの面下げて 桜を楽しめましょうか(笑)


                     天使にしっぽ

                            MrMAXIMUS




⌛時間の薬・・服用中⌛

Posted by maximus1 on 12.2014 KENTでの暮らし   50 コメント   0 trackback
CIMG5192.jpg

マキシマスへ

マキシーが逝った後の最初の週末 
残された二人で何したと思う~ あの買い物大嫌いグラちゃんね
この14年間スーパーなんて行きたくなくて、いつもマキシーとお留守番
それがね~「オマエ何スル今日・・」って聞くから
「あぁ~そうねぇ~買う物も欲しい物もないけど買い物に行くよ」って言ったら
「アッソウ・・ボクモ行クカラ」って郊外の大型センズベリーに行ったとよ
「コンナトコ二来タノ久シ振リ・・ブツブツ」 一人で家に居たくないって・・
信じられんやろ あの人が買い物に付き合うなんて(笑)
家に帰りドアを開けて 二人してマキシーただいま~!!!シーン!!!

また・・そのまま倒れ込んで大泣きして・・
マキシ~逢いたいよ~ でも時々その辺に居るやろ・・そんな感じがする時あるよ
近くに居たらなんかサイン送れよ シッポで足にポンポンするとかさ
前足でガリガリ掻いて音を出すとか・・ 甘噛みとかしてくれると嬉しいなぁ~
そしたら・・また・・大泣きするね(笑)

森にも二人して歩きに行って 時間つぶしは大変よ
なんとかマキシーの居ない最初の週末が終わり
泣いてばかり・・ 溜息ばかりついて・・ 聞こえた・・ 

月曜日・・ とうとう永遠にマキシーの居ない普通の暮らしが始まった
家にポツンと一人になって 泣くしかなくて 何もしたくないよ~
マキシーが体調を崩し始めてから逝ってしまうまでと・・その後も・・
まともに食事をしてなかったので 思い立ってロンドンへ

美味しいと有名なレストランや日本食屋を月曜から金曜日まで
日替わりで行ってたら もう外食なんかすっかり!嫌になったよ
マキシーが居る時は周りのみんなが誘い合ってランチとかしてるの
少し羨ましいとか思っていたけど やってみたら ほんとにくだらない
でも偉いやろ・・ これで2歩も3歩も前進したと思わんね

サチにも逢いに行ったよ サチはマキシーを捜してた
相変わらずやった ベロベロ攻撃で歓待してくれて・・また泣いて・・
また今週末の土曜日にマキシーのウマウマやフードをサチに持って行くね
マキシーの残したウマウマ 全部サチにあげるから 安心してね

あっそうそう 金曜日の夜はロビンさん宅に行く 招待された
淋しいだろうと思って「お茶しましょ」だって・・ マキシーもおいでっ・・
ロビンさんはマキシーが居なくなって毎日電話で様子を聞いてくれたとよ
マキシーが私達に繋いでくれたお友達 ありがとうね~マキシー♡





マキシーに聞きたいことがある
CIMG5991.jpg
その瞳に映るもの・・ 

マキシー逝ったのは30日木曜日の夕方6時くらい
でも・・ 28日火曜日の午後4時くらいだったと思うけど・・
あんな様子は今回で3回目やったね・・ 4月にも同じようなことしたね


すでに具合が悪くて寝たきりでオェオェゲェーゲェーが始まって
フードもあまり食べなくなってて水も飲まなくなってたよね
前の晩も苦しくてあまり寝てなくて・・ なんか・・そろそろ・・かも・・

そしたらオマエ 急にキッと頭を上げて 空中を見つめ・・
フンフン嗅ぎ始めて 目もしっかり定まって 窓の方を見たり
玄関ドアの方を見ながら 鼻の両端に角が立って四角になってたよ
必死に嗅いでたよね なんか・・ハイ解りました・・みたいな・・
上を見上げて・・ 従いの目 私の入る余地なしだったよね

あれって・・ 誰か何か・・迎えに来てたんじゃないの・・
しかも一人とかじゃない感じだったよ 複数の大きな力を持つ何かだったろう・・
かなり何分間かやってたね・・ 嗅ぎ終えて その時の顔は清々しかった

その後・・ マキシーさぁ~ 昨日の苦しみがウソのように穏やかに寝たよね
夕方にはご飯も普通に食べて水も飲んで・・ あれって何やったと~

29日水曜日が私の誕生日 一日お迎えを待ってもらってホッとして
普通にいつものように誕生日を過ごし その夜中から・・

4月お迎えの時は「NO」って言ったんやね
でも今回は・・ 寝たきり状態マキシーは絶対に嫌で「OK]って返事した

介護の用意は出来たのに~ 色んな介護用品を作ったり買ったりして
準備はすべてしてたのに・・ 

でも・・もし・・私がマキシーだったらそうするから・・
マキシーってかなりピンピンコロリに近い逝き方だったね
ステーキもしっかり食べたしね・・水は口移しだったけど・・

時間の薬・・少し効き目が出て来たのかも・・良かった~
マキシ~また逢えるしねって言うか・・ その辺に居るやろ・・返事してよ~💖





DOGはGOD・・天へ👼CIMG4010.jpg

たくさんの心優しいお悔やみのコメント 泣きながら読みました
一つ・・また一つと思いやりの言葉が届く度に・・大洪水になり流されそうで

悲しみの中で様々なことを考え・・マキシーの始まりから終わりに添うことで
自分の生と死を客観的に考えることも・・ 現実のものとなり
犬は・・生涯をかけて生きること死ぬことの意味を問いかけているのかも

これで私・・いつでも病気になれる 病気になんかなりたくないけど・・
いつでもなれるという お気楽さ・・ 
常に病気にはなれないプレッシャー抱えてたから・・

犬を家族に向かえ マキシマスと命名 一緒に暮らせた14年近くの日々
ほんとに幸せでした・・ マキシーほんとにありがとねっ

最高で最良のパートナー🐕ベストフレンドのマキシマス🐕
思えばそこに居てくれる・・ 姿はないけど・・常に私と一緒です


私達のために・・心を砕いて悲しんでくださった皆様へ
私の生涯が終わる日まで暖かな思いやりは忘れません
  ほんとうに・・心から・・ありがとう御座いました🐕


不定期にはなりますが・・また様子をアップいたします
思いやりに溢れたコメントを残してくれた心優しい皆様へ 
寒くなりました 風邪など召されませんよう 
冬の鍋物で心と体を温めて ご自愛くださいね♡


 
                    天使にしっぽ


                         MrMAXIMUS





🐕マキシマス・・空へ・・🐕

Posted by maximus1 on 06.2014 愛犬との暮らし   44 コメント   0 trackback
CIMG1929.jpg
 
   10月30日木曜日 夕方6時 マキシマス永眠 享年13歳9か月

                 穏やかな旅立ちでした






CIMG1843.jpg

29日水曜日 私の誕生日 
朝からゲェーゲェーと空吐きが始まり 獣医に電話
お昼過ぎにここに来てくれて診てくれました
痛め止めの注射の後 症状が落ち着いてたので 様子も何か食べれそうな感じ
急いでステーキをチンさせて勧めたら3切れほど残しましたがほとんど完食
これが最後の食事になることはなんとなくですが解っていました

夕方グラントが帰宅 その時は症状も落ち着いていて 
仕事帰りに獣医のリディァがまた来てくれてマキシーの症状を説明
もう・・マキシーには時間があまり残されて無く 
いつどうなっても驚かないように

いつものようにグラントが食べる横にマキシー用のチキンを置いて
2人でいつもと同じように食べ終わり お風呂に入り その後は一家団欒
 
マキシーはいつもどおりにヘソ天で寝て・・でもこのヘソ天もこれが・・
なんとなくですが・・解っていました・・ 
でも私の勘違いでありますように 明日の朝が普通に迎えられますように・・

特別な贈り物をマキシーが最後の力を振り絞って与えてくれたんですね

これ以上書けません 書いてると辛くて・・
心配してくれてる私とマキシーの大切なお友達へ知らせないと・・
自分達の為に心を砕いて毎日を暮らしてるのに・・



  



CIMG1836.jpg

30日の夜中から・・ 同日夕方6時 ほんとにあっという間の出来事でした
朝、獣医に電話 お昼に来てまた痛み止めの注射を打って
グラントは仕事を休みました 痛み止めの注射の後もゲェーゲェーが止まらず
夕方にまた獣医が来てくれて今度はスーパーリラックスの注射を打って・・
やっと・・マキシー静かに呼吸が出来るようになり・・

その時はマキシーの背中側に回り込み左手をマキシーの頭の下へ滑り込ませ
右手は心臓の上に置いて・・ 後ろからマキシーを抱え込んでいました

後ろから覆いかぶさるようにしてマキシーの頬に頬をくっつけていました
水を一滴も飲まなくなって口が乾いて上唇の皮が歯ぐきに張り付いてたので
私が水を口に含み唾液も一緒にマキシーへいっ~ぱい口移しで与えて
次に舌で歯ぐきや口の中をベロベロ舐め回しゆるゆるに潤してたら
意識が少し戻り私を見てフーって小さく息をした後 心臓が停止いたしました

穏やかに・・静かに・・逝きました 
その顔はまるで元気なマキシーのようで微笑みまで浮かべて・・

4月に危なかったマキシマス 
友達と話していたのは・・私達と一緒に居たくて頑張ってるんだろうねぇ~
一抜けたをしたくないのよ 一人で遠くへ行くのは淋しいもんね・・とか

違うよ・・置いて行かれたのは私達 心底孤独になったのは私達

マキシーは今、痛みの無い世界で自由に飛び回ってる
GODのもとへ帰り疲れを癒して 時々ここに降りて来て私達の様子を見たりして







花一輪 153

マキシーへ

オマエが逝った夜 
グラちゃん歩きに行って来るってマキシーと歩いた森へ
11時頃まで歩いてた 何処をどう歩いたのか覚えてないってよ
次の日も次の日も一日3、4回くらい行ってたよ
その間・・私はというと・・ 閉じこもって・・大泣きしてた
ご飯も食べたくないから 二人とも体重が落ちて・・可笑しいやろ

家中がオマエだらけだから あちここちで大泣きしてる
マキシーの居ないここは空っぽの大きな箱 悲しくてどうにかなりそう
枕を嗅いで泣いてる 最後のオシッコも嗅いで泣いてる・・笑うなね

これではいかんと二人してドライブに行ったけど な~んも・・つまらん
そして・・これが一番辛い 帰ってドアを開ける時 思い知らされる

マキシー!マキシー!ただいま~!!!って・・叫んでも・・
もう・・ あの顔をあの姿が・・ もう二度と逢えないなんてー!!!

一日24時間悲しみの中に居るよ 仕方ないよね
マキシーは偉大な私のすべてだから・・私の命より大切なマキシー
だから・・ゾンビみたいになんとか生きてる・・寝てないしね

まだ・・ たったの五日しか経ってない 逢いたいよ~抱く抱くしたい
たったの五日でこんなに逢いたくて辛いのに・・
逢えない日々がこれから先 私が死ぬまで続くかと思うと 吐き気がする

リディァがね・・ 悲しみは押し殺さずに素直に出すようにって・・
哀しみを強く押さえ込んでしまうと正常な立ち直りを阻害するって
マキシー・・ だから私が泣いててもそんなに心配しなくて良いよ
涙は心の浄化 回復への一番の早道だって・・

私やグラントが深く悲しみ泣いてばかりいると マキシーが哀しむ
そんなことは絶対ないのに そんなこと言う人が多く居る 
それはその人が悲観者の気持ちを押さえ込むために使う言葉
誰でも目の前でいつまでも泣かれて悲観されてたら鬱陶しいからね

マキシー・・ 少し落ち着いたら また手紙書くね
今日もまた泣きながら寝るから 可哀想だと思ったら撫で撫でしに来てね

                ダディ&ひろちゃん・・ビックLOVE

励ましのメールやコメントをしてくれた大切なみんなへ
前回のブログ後 マキシーのことではほんとに心配かけました
もうしばらく・・いや・・かなり・・まだまだ・・ 悲しみの中で暮らします
ほんとに!ほんとに!ありがとうね~ また近い内に近況知らせます
   今日はこの辺で・・ あぁ~きつかった

               天使にしっぽ

                          グラント&博子










  

プロフィール

maximus1

Author:maximus1
2001年2月1日生まれ
愛しのマキシマス 13歳9ヵ月
2014年10月30日天に召される
今もマキシーは私達の真ん中に居ます

2015年7月30日生まれのジャズ
2015年9月27日から家族に迎え
また始まったラブラドールとの暮らし
マキシーとジャズ&私と英国人旦那
愛犬と歩けば・・幸せに当たる🐾
気の向くままに綴ります

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

全記事表示リンク